What's "SHIAWASE"?

日々の生活を豊かにするきっかけづくりになれば。映画、本、食、雑記など。

ボディーブローのように効く、「へでもねーよ」藤井 風

関ジャムでたびたび拝見

シンガーソングライター、藤井 風(ふじい かぜ)。これまでも、何度か「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日)で取り上げられていて、少し気になっていたが、何となくスルーしていた。

 

 

だが、1月17日の放送「プロが選ぶ年間ベスト10」で、プロ3名から指名され。これは聴いてみるしかないと思い、野次馬根性的に聴いてみた。なるほど、爽やかなんだけれどコクというか、重みがあって、歌詞も刺さる。ほとばしっている。

 

関ジャムでは、「何なんw」リリース後から、通常標準語で作詞するところを「岡山弁」を器用に活用している点や、歌詞、コード進行などを含む音楽性全体が高く評価されていた。ちなみに、プロ3名が揃ってベスト10内に選んだのは、今回が初めてとのこと。

 

藤井 風とは

 

藤井 風(どうやら本名)は、1997年生まれ。岡山県里庄町(人口約1万人)出身で、父親の影響で3歳ころから音楽を始めた。中学生頃からピアノ演奏をYouTubeに動画投稿し続け、その技術力やアレンジ力などで、歌をリリースするから注目を浴びていたよう。

 

2019年、岡山から東京に活動拠点を移動。「Fujii Kaze “JAZZ&PIANO” The First」と題して行った初のワンマンライブは、全公演チケット完売。

 

噂を聞きつけたニッポン放送が、週替わりでパーソナリティが変わる「オールナイトニッポン0(ZERO)」への起用を決定(その時点ではピアニスト)。ラジオにゲスト出演すらしたことがなかった藤井風が、初出演にして冠番組を担当。内容も好評だったようで、現時点で3回登場している。

 

 

シンガーソングライターとしてのデビューは、2020年1月。

デビューした年の年末に日本武道館での単独公演を実現。 そして今年1月、ドラマの主題歌を担当(「旅路」)。と、恐ろしいスピード感でいろいろ成し遂げてきている。

 

聴いてみたのは

 

今回、3曲聴いてみた。

 

  • 「何なんw」デビューシングル(2020/1)
  • 「へでもねーよ」初の日本武道館単独公演にて初披露した曲(2020/12)
  • 「青春病」(2020/12)

 

特に、刺さったのは「へでもねーよ」。

どこか哀愁が漂うイントロから始まり、その後重低音が響くサウンドに変わる。

 

世の中の不条理と戦うようなフレーズの歌詞が続く、と思ったら。

急に穏やかな曲調と歌詞に。このスイッチする感じが、かなりいい。

人生のアップダウンを、気持ちがいいくらい曲全体で表現している。

 

音楽には詳しくないため、正直深いところはわからない。きっとプロから見ると、こんな技術が、とか、こんな発想が、とかいろんなすごいポイントがあるんだろうと思う。

 

歌詞もほんとにいいので、リスペクトの想いから一部載せさせてもらう。

 

■へでもねーよ  【一部抜粋】

 

野菜ばっかの生活しょんのに

腹が立つことちょっくらあんのは

カルシウムちと不足しとんじゃわ

おどれ(怒)

 

慎ましやかに生きていきょんのに

いつもなんかが邪魔をするんじゃわ

こんな時ゃ人目もはばからずに

踊れ

 

※曲調が変わる※

 

かと思いきや正反対

とても平穏な新世界

願うはここへずっと居たい

もう限界

 

神様、力をちょうだい

あんたがいれば無問題

変わらぬものにしがみついてたい

 

※曲調が戻る※

 

あんたの軽ぃキック へでもねーよ

あんたの軽ぃパンチ へでもねーよ

あんたの軽ぃブロウ へでもねーよ

へでもねーよ バカじゃねーよ

 

あんたの軽ぃディス へでもねーよ

あんたの軽ぃヘイト へでもねーよ

あんたの軽ぃマウント へでもねーよ

へでもねーよ それでえーの

 

~中略 しばらく同じ曲調が続く~

 

※曲調が変わる※

 

かと思いきや急展開

自分次第で別世界

作り変えられるみたい

信じたい

 

神様、力をちょうだい

1人じゃ何も出来ない

確かなものにしがみついてたい

 

※曲調が戻る※

 

あんたの軽ぃキック へでもねーよ

あんたの軽ぃパンチ へでもねーよ

あんたの軽ぃブロウ へでもねーよ

へでもねーよ バカじゃねーよ

 

~省略~

 

(この後、曲調は最後までキープされる)

 

 

聴くと、音楽も歌詞もボディーブローのようにずしっときて、しかもクセになる感じ。

 

 

いやあ、すごいわ。

 

まだ、23歳。

末恐ろしすぎる。

 

 

 

▽こちらもぜひ

 

■何なんw

 

 

■青春病