What's "SHIAWASE"?

日々の生活を豊かにするきっかけづくりになれば。映画、本、食、雑記など。

都市伝説がベースのコメディ「MEN IN BLACK2(メン・イン・ブラック2)」/2002年 アメリカ

目次

 

あらすじ

準政府組織 『MIB(Men In Black)』は、地球外生物から地球を守っている、秘密組織。前作「MEN IN BLACK」(1997年)の続編。

 

5年前、J(ウィル・スミス)とともに地球を守った元相棒のK(トミー・リー・ジョーンズ)は、引退し郵便局員になっていた。そんな中、再び地球滅亡の危機が訪れる。25年前に起きた事件が発端で、解決の鍵は引退したKが握っていることがわかった。

 

JはKを連れ戻しにいくが、初めは全く取り合ってもらえない。KはMIBだったころの記憶一切を消し、普通の人間の生活をしてたからだ。

「あんたは夜空を眺めると宇宙が分かる気がする」「自分を知りたければオレと来い」。そう言われKは付いていくことを決める。Jと共に行動する中で、少しずつ記憶を取り戻していくK。

2人は地球の滅亡を阻止できるのか・・・

 

監督:バリー・ソネンフェルド

 

メン・イン・ブラック2 (字幕版)

メン・イン・ブラック2 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 Recommend Points

地球外生物がそこかしこにいる設定

前作から引き続きの設定になるが、より一層拍車がかかっている印象がある。MIB本部のモニターでは、観察対象のエイリアンとして超有名人が映っていたり、アメリカの有名司会者をエイリアンだと口走るシーンも。街中でも、行き交う人型のエイリアンが描かれており、もしや?!とふと考えを巡らせたくなる作り。

 

「MEN IN BLACK」は、宇宙人と遭遇した・目撃した人たちの前にやってきて口外しないように脅迫する黒ずくめの男達がいる、といったアメリカ国内でささやかれている、一種の都市伝説をもとにしている。

 

もろもろ事実かどうかは置いておいて、想像を巡らせること自体が楽しい。もしかしたら自分も地球外生物の血を引いているかもしれない。そもそも、純粋な地球人て何だ?とも。

 

こちらもおすすめ シリーズの元になった都市伝説って

 

パグ好きにはたまらない"フランク"の存在

Kの引退後、Jの相棒達が去った期間に、パグ型のエイリアン"フランク"が相棒としてしばらく活躍する。

 

お話好きで口が達者、エイリアン同士の抗争現場にいく車中で歌を口ずさんだり、被害者とJが接見し車に帰ってきたらノリノリで爆音で音楽をかけたりして、Jに怒られっぱなしだが、とにかく愛らしい。役者としても芸達者。郵便物を器用に運んで椅子に置いたり、音楽に合わせて吠えたり。パグ好き(犬好き)にはぜひ見ていただきたい。

 

f:id:saoh:20200801220754p:plain

amazon Prime videoより

(俳優犬ムシューは2012年に天国に旅立った)

 

ストーリーを彩る俳優陣と作りこまれた要素

トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミスの掛け合い、体の張り方、役へのなりきり度合いも見どころ。

 

特にアカデミー賞など数々の賞を受賞し、ハリウッド俳優として長く活躍してきたトミー・リー・ジョーンズが、真剣にアホらしいことをしているのは、魅力のひとつだと思う。現在でも継続的に缶コーヒーBOSSのCMで宇宙人役を演じているが、面白い思考の持ち主だと思う。

 

こちらもおすすめ  2020/5/20掲載 サントリーBOSSのCM(コロナ禍版)

 

また、本筋を支える小ネタ的な要素もよく作りこまれている。Kが自身が記憶を想い出せるように作りこんでいたヒントの、ロッカーの住人やレンタルビデオ屋店長のクセのある人物像。最新式のMIB仕様車の標準装備。一連の騒動をチャラにするニューラライザーの仕掛け。などなど。

 

ひとつひとつにアイデアがあり、面白い。MIBの玄関脇に座っている男の冷静な観察も味がある。最後のオチ的な終わり方もいい。