What's "SHIAWASE"?

日々の生活を豊かにするきっかけづくりになれば。映画、本、食、雑記など。

ムシファースト

 ある日の買い物帰り。マンションのオートロックエントランスを入ったらセミの鳴き声がした。外では聞こえなかったため、マンション内で鳴いているようだった。

 

「ミンミンゼミか。どこだ?」

辺りを見回してみたが見つからない。諦めて自室のある2階に上がろうと階段の方へ回ったら、明らかに鳴き声が大きくなった。

「上か。」

 

階段を上るごとに声がけたたましくなっていく。2階に上がって重い荷物を持ったまま探した。自室の方向ではない廊下でひっくりかえっていた。器用にもひっくりかえったまま鳴いていたのだ。

 

バタバタしている肢に指を近づけたら、ヒシとつかまってきた。指をよじ登り腕の方まできそうな元気が見えたため、少し移動し風に当てたら、無事外へ飛んでいった。

「今日はいいことした」

 

数年間(5-7年)地下で暮らし、やっと空を飛べる姿になるセミ。地上での寿命は短く約一週間。その間オスセミがメスセミに向けて鳴き、力尽きるまで子孫繁栄のミッションを果たしていく。

 

地上生活をひたむきに生きているセミの窮地を助けることができたような気がして、少し嬉しくなった。家族に報告したら、「セミの恩返しがあったりして」なんて言われまんざらでもなかった。

f:id:saoh:20200819175625p:plain

出典:教育出版社「こん虫ずかん」より


 別の日。今度は自室のベランダにセミが転がっていた。家族が「セミが死んでる」と言ったため、供養しようと触れたら、意外にも"ブブブ"と羽根を鳴らしてきた。

 

先日のセミの窮地を救った?いい気分に味をしめていたことで、再度レスキューにトライすることとした。肢に指を近づけ180度回転させ立たせた。しばらくその場でフリーズ。動く気配が見えなかったため、ベランダの際にもっていき、風に当ててみた。歩き始めたと思ったら、すぐに飛びたった。

 

次の瞬間。飛び立って2秒後くらいで、そのまま勢いよく1階に激突。ひっくりかえったまま動かない。1階まで確認しに行きたいとも思ったが、降り立てる場所ではなく上から眺めるだけだった。しばらく見ていたが事態は変わらず、とても切ない結果になってしまった。

 

「そのまま2階で余生を過ごさせてあげた方がよかったのか。」自分の行動が安直過ぎたのか、判断が誤っていたのか、と少し後悔した。家族にも反省の弁を伝えると、

「土に近いところで最期を迎えることになってよかったのかも。」とフォローしてくれた。確かに、人が「畳の上で死にたい」と思うように、地中に住んでいたセミは土の上で死にたいのかもしれない。

 

セミにとって何が正解だったのか。その後数日たっても結論は出ていない。

ただ今後は、セミに限らず虫たちをレスキューする際は"ムシファースト"でいこうと心に誓った。

 

最近、誓いを実行する機会が訪れた。室外機の水溜まりでひっくりかえっていたカメムシを無事レスキューできたのだ。勝因は180度回転させ立たせたあと、水溜まりを避けた場所に置き、その後自由意思に任せたことだったと思う。

 

"ムシファースト"をこれからも心に刻んでいきたい。

 

f:id:saoh:20200819180355j:plain

Pixabayより